サービス概要

メンテナンスサービス

メンテナンスサービスの構成

お客様のご契約内容に基づき実施いたします。ご契約のメンテナンスサービスの内容は、「リース契約書」、「メンテナンスカード」、「トヨタリースハンドブック」にてご確認いただけます。

整備項目 内容
車検 道路運送車両法第62条に定められた継続車検のための点検・整備
法定点検 道路運送車両法第48条に定められた点検・整備
プロケア10 車検、法定点検時期以外の6ヶ月ごとに実施するトヨタオリジナル点検・整備
スケジュール点検 お客様のご使用状況に合わせて契約時に取り決めたサイクルで実施する点検・整備(予防点検・整備)
一般修理 通常使用による故障の修理や点検時に判断された消耗部品の交換
油脂類交換 交換基準(目処)に基づくエンジンオイル等の交換
バッテリー交換 点検整備等で交換が必要と判断された場合に交換
タイヤ交換 点検整備等で保安基準を満たさないと判断された場合に交換
タイヤ保管 オフシーズンタイヤ(使用しない期間のタイヤ)の保管を取り次ぎ
代車 各種点検整備・故障修理等の期間中に代車としてレンタカーをご提供します(ご契約内容により異なります)

「担当テクノショップ」について

よりきめ細かなメンテナンスサービスをお受けいただくため、担当トヨタテクノショップを指定させていただきます。
基本的にリース車両ご使用先の最寄りのトヨタ販売店テクノショップになります。

トヨタサービスネットワークについて

突発的な事故・不具合が発生した場合、担当トヨタテクノショップ以外でも最寄りのトヨタテクノショップをご利用いただくことが可能です。「メンテナンスカード」こちらを参照)をサービスフロントにご提示いただくことで、メンテナンスサービスを受けられます。

※営業時間外やご契約車両が走行不能の場合には、「サポートダイヤル24」をご利用いただけます。
※メンテナンスカードは常に車検証、メンテナンスノートと一緒に車のグローブボックス等に保管してください。

メンテナンスサービスの内容

点検サイクル

点検は新車時から下記のサイクルで実施いたします。

法人企業がご使用になっているシビアコンディション車にはリース契約内容にスケジュール点検を定期点検サイクルに組み込みます。(ご契約内容により異なります)

※シビアコンディション車とは、下記条件に該当する車両です。
過走行(年間約20,000km以上)、山道・登降坂路走行、悪路走行(凸凹路・砂利道・雪路・未舗装道など)、短距離繰り返し走行(走行距離の30%以上が1回走行8km以下)、長時間アイドリング(停止中の車内待機・渋滞など)

点検サイクル
※上表は点検サイクルが3ヶ月毎のご契約の例です。

定期点検

  • ご契約車両の点検サイクルに応じ予定月の約2ヵ月前にDMをご使用先にお送りいたします。担当トヨタテクノショップにご連絡の上、整備を受けてください。
  • ご契約期間中は安心してご使用していただくため、車検、法定点検、プロケア10点検の他、ご契約によりスケジュール点検を実施します。
  • 点検未実施の場合は、あらためて担当テクノショップ、トヨタモビリティサービスよりご連絡させていただく場合がございます。お早めに実施くださいますようお願いいたします。
    また、対象車両がお届けのご使用場所から移動された場合は担当営業スタッフまでご連絡ください。

車検整備

  • 車検は担当トヨタテクノショップで行ないますが、必要書類はトヨタモビリティサービスが手配します。
  • 車検は有効期限の1ヶ月前から受けることができます。

■車検の流れ
車検の流れ

タイヤの交換

タイヤは磨耗度に応じて、ご契約本数を限度として交換いたします。

※事故によるタイヤ破損交換は含みません。
※自動車メーカーが定める標準サイズ(グレード)のタイヤとの交換になります。

エンジンオイルの交換

オイル交換は、下記の交換サイクルで実施いたします。
基準の走行距離、または経過月数のいずれか早く到着した時点で、担当トヨタテクノショップで交換します。

車種 交換サイクル
ガソリン車(ターボ車・軽自動車を除く) 10,000kmごと または6ヶ月ごと
上記以外 5,000kmごと または6ヶ月ごと

※エンジンオイルは走行距離や使用条件により消費(減少)、劣化します。日常点検においてエンジンオイルの不足や粘度低下が見られた場合は、上記基準に関わらず補給または交換が必要になる場合があります。担当テクノショップにご相談ください。
※エンジンオイルを定期交換しないまま使用し続けた結果、発生したエンジンの焼き付き・破損等の修理費用はお客様のご負担になる場合があります。

消耗品の交換

  • 消耗品は、定期点検、車検整備時に、自動車メーカーが定める交換基準またはトヨタモビリティサービス所定の交換基準のいずれか早く到来した時点で交換します。
    ※自動車メーカーの交換基準は車載の「メンテナンスノート」をご参照ください。
  • 担当トヨタテクノショップの整備士が必要と判断した場合に交換します。
    ・対象となる消耗品(主なもの)
    バッテリー/エアクリーナーエレメント/オイルエレメント/フューエルフィルター/Vベルト/点火プラグ/ブレーキパッド/ランプ球/ワイパーゴム等

メンテナンスサービスに含まれないもの

メンテナンスリースのご契約内容に基づき担当トヨタテクノショップにて点検・整備を実施いたしますが、一部お客様のご負担となるものがありますのでご注意願います。ただし、リース契約書に特約として明記された項目につきましてはこの限りではありません。

お客様負担となるもの

  • 経年劣化により発生する、自動車の機能に影響のない現象(修繕をご希望された場合)
    [例]塗装部品、樹脂部品、塗装面、メッキ面等の自然退色、錆、劣化、内装、シートのへたり、破れ 等
  • 自動車の機能に影響のないことが一般に認められている現象
    [例]音、振動、オイルのにじみ、操作フィーリング、におい 等
  • 天災に起因して発生する作業
    [例]地震、台風、酸性雨、火災、降灰 等
  • 走行中、保管中における衝突あるいは外的要因による破損・故障の修理費用
    [例]飛び石、塩害、鳥糞、薬品、鉄粉、媒煙、事故、イタズラ 等
  • 日常(運行前)点検の範囲で認識できる異常や、各計器類が異常を示したにも関わらず、連続してご使用になり、故障に至った場合の修理費用
  • 寒冷地における雪害・凍結等に対し、地域的に慣行されている処置を講ぜず破損・故障に至った場合の修理費用
    [例]雪によるワイパー破損 等
  • カーナビゲーションシステムの地図情報の更新費用
  • 保険(任意保険を含む)で担保できない事故修理費用・賠償金および盗難・紛失
  • お客様の故意または重大な過失により発生した一般修理の費用(例 ランプ消し忘れ等によるバッテリーあがり)、および点検未実施が原因で発生した故障修理
  • 陸送費、変更登録費用
  • 原状修復費用
  • その他リース契約に含まれないオプション部品の取り付けや、故障に起因しない代車及びロードサービス費用等
分類 具体例
破損関係 ミラー関係破損、各灯火レンズ類破損、アンテナ破損、ガラス類破損(フロント・サイド・リアガラス等)ホイールキャップ脱落、マフラー 等
装置関係 タコグラフ、無線機 等
用品類 アクセサリー、フロアマット、タイヤチェーン、泥よけ、ワックス 等
くもり止め、バッテリー強化剤、凍結防止剤、水抜き剤、水漏れ防止剤 等
PAGE TOP